キャバクラと風俗、バイトするならどっちが稼げて楽?

風俗バイトの基礎知識

今回は、キャバクラと風俗、バイトするならどっちが楽に稼げるか解説します。

祝金1万円がもらえる!コロナで風俗より稼げるチャットレディ!

風俗のほうが楽に稼げる

結論から言うと、風俗のほうが楽に稼げます。
これは、私があなたに風俗バイトを勧めるために言っているわけではありません。

私は過去に、何人かの風俗嬢とキャバ嬢、両方を経験した女の子に話を聞いたことがありました。
彼女たちは口をそろえて風俗のほうが楽だと言っていました
また、風俗のほうがキャバより圧倒的に稼げると言っていました。

理由は後で詳しく説明しますが、風俗嬢はキャバ嬢と違ってお酒を飲む必要がありませんし、コミュニケーションを取る必要がありません。
また、仕事中も同僚の女の子と会話することがほとんどないので、面倒くさい人間関係もありません。

そして何より、風俗のほうが金払いがよく、働いた分だけお給料を正直に払ってもらえます。
そのため、キャバクラより風俗のほうが楽に稼げるのです。

もちろん、風俗は仕事自体がハードだというデメリットがありますが、それを差し引いてもキャバクラよりも稼げるということです。

総帥
総帥

仕事の内容さえ我慢できれば、実は風俗はキャバより楽であると宣言しよう!

風俗とキャバクラの仕事内容を比較

では、まずは風俗バイトとキャバクラの仕事内容を比較してみましょう。

仕事自体は風俗のほうがハードだが・・・

 

まず、お仕事自体のハードさは風俗のほうが上です。キャバはお客さんに触れることすらないですが、風俗はキスや手コキ、フェラチオ、ソープランドの場合は本番セックスがあります。

さらにおっぱいを触られたり、乳首を吸われたり、クンニされたりと、風俗バイトは世の中の仕事の何よりもハードなイメージがあります(もちろん、エッチなことが好きな子もいますが・・・)

ですが、果たしてその世間のイメージは本当なのでしょうか?

キャバクラはお酒を飲むのが仕事

キャバクラはお客さんと喋るだけなので、風俗より仕事が楽そうに見えます。というか普通の仕事よりずっと楽に見えますね。
ですが、実際はおしゃべりするだけでなく、お客さんとお酒を飲まなければいけません。

お客さんが頼んだお酒を断ることはできないので、どんなに強いお酒でも我慢しなければいけないのです。
そのため、キャバ嬢は毎日大変な量のお酒を飲んでいます。

もちろん、酔っぱらってもお客さんを楽しませるためにおしゃべりしないといけないので、よほどお酒が強くないと務まりませんね。

風俗はコミュニケーションを取る必要がない

一方、風俗は基本的にプレイが中心なので、お客さんと喋る必要が基本的にないです。
もちろん、あまりにも不愛想だと地雷嬢よばわりされますが、基本的な会話さえできればあとは必要ありません。

また、ほとんどのお店にはマニュアルがあるので、マニュアル通りに会話していれば基本的にOKです。

もちろんお酒を飲む必要は全くないので、下戸でも大歓迎です。

同僚とのコミュニケーションもない

また、キャバは接客中同じフロアで女の子たちが働きます。そのため、キャバ嬢同士の人間関係も気になるところです。
じっさい、人間関係も悪いキャバクラも多く、多くのキャバ嬢がいじめにあったりしてすぐに辞めることが多いそうです。

一方、風俗は待機時間以外はほかの女の子に会うことがありません。さらに、個室待機のお店は他の嬢と会話することはありません。
中にはトラブルを未然に防ぐため、女の子同士をなるべく会わせないようにしているお店もあるほどです。

このため、風俗で働いている子はどちらかというとおとなしい子が多く、人付きあいが苦手な女の子が多いです。

総帥
総帥

風俗で働く子はヤンキーが多いと誤解されがちだが、実際は違う。陰キャ、ネクラ、コミュ障がほとんどだ。

 

風俗とキャバの給料を比較

では、次に風俗とキャバで働いてもらえるお給料を比較してみましょう。

キャバには罰金・ノルマがある

キャバには罰金システムがあります。遅刻や欠勤をしたら罰金としてお給料がマイナスになってしまうのです。
また、出勤ノルマなどが定められているお店もあります。

一方、風俗バイトではノルマや罰金が一切ありません。一部のお店はシフトを組まれるお店もありますが、基本的に自由出勤、ドタキャンOKなのが風俗バイトです。

お給料も風俗のほうが圧倒的に高い

お給料は言うまでもありませんが、キャバクラよりも風俗のほうが圧倒的に高いです。

実際、歌舞伎町にも月収100万以上稼いでいるキャバ嬢はほとんどいないそうです。
ほとんどの子がOLやアパレルなどの店員として働いており、お小遣い稼ぎとしてキャバクラで働いている感じです。

一方風俗は専業で稼いでいる子も多く、毎日働けば誰でも100万円以上稼ぐことが可能です。

キャバは給料の支払いがいい加減なことが多い

 

また、キャバの場合はお給料が事前に聞いていた額より少ないことも多いそうです。
これは元キャバ嬢で現在デリ嬢の女の子から聞いた話ですが、キャバは給料が思ったより少なく、昼職とほとんど変わらなかったと言っていました。

何より、キャバは正直に給料を払うことをしないそうで、最初聞かされた給料と実際にもらったお金が全然違うと怒っていました。

このように、キャバクラはいい加減な給料システムですが風俗は給料の支払いがきっちりとしており、信用できるのです。

まとめ

キャバクラと風俗を比較した場合、風俗のほうが楽で稼げることがわかりました。
ただ、いくら精神的に楽だからと言って、風俗バイトの仕事内容は合わない人には合わないと思います。
エッチが好きで、知らない男性とキスしたりおチンチンをしごいたり舐めても平気という人なら絶対稼げると思いますが・・・

そういった子には風俗よりチャットレディのほうがいいかもしれません。PC越しにお客さんと会話するだけで稼げるので風俗やキャバよりずっと楽です。
自宅待機やリモートワークの影響で最近ユーザーが増えており、風俗やキャバより圧倒的に稼げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました